技あり☆生い立ちムービー製作業者

top > 生い立ちムービーの作成について > 生い立ちムービーで笑いと涙がある素敵な時間を過ごす

生い立ちムービーで笑いと涙がある素敵な時間を過ごす

 生い立ちムービーはプロフィールムービーとも呼ばれていて、新郎新婦が生まれてから今日までの成長の様子や、二人が出会って結婚するまでの軌跡を映像にしたものです。
結婚式では、二人のことを知ってもらうために趣味や特技などをまとめたプロフィールカードが配られることがあります。
生い立ちムービーも同様に新郎新婦のことをゲストに知ってもらえるアイテムです。
結婚式場で上映することで、初対面のゲストにも二人のことをより分かりやすく伝えられます。
また生い立ちムービーは、映像と音楽を使って観ている人を上手に画面の世界に引き込みます。
それはまるでテレビドラマを観ているようで、ゲストに新郎新婦のこれまでを分かりやすく紹介できます。
マイクを持って伝える言葉とはまた一味違った雰囲気があり、会場の人にも楽しんでもらえる時間になります。

 結婚式には二人の新しい出発という意味がありますが、それ以上にここまでの成長を支えてくれた周りの人への感謝の気持ちを伝える場でもあります。
生い立ちムービーを流すことで、新郎新婦から周りの人に向けた気持ちを伝えられます。
例えば生い立ちムービーの中に、かつて一緒に苦楽を共にした学生の時の仲間に向けたメッセージを当時の写真と一緒に流したり、これまで育ててくれた両親や家族への感謝の気持ちを盛り込むこともできます。
結婚式でマイクを持って挨拶をすると緊張してうまく伝えられない、涙になって言葉にならないといったこともありますが、生い立ちムービーの中でならそのようなこともありません。
このように生い立ちムービーには周りの人に対する気持ちを上手に伝え、その場を盛り上げたり温かいものにする効果があります。

 生い立ちムービーの主役はもちろん新郎新婦ですが、結婚式に駆けつけてくれたゲストとの写真を入れることでゲストにも楽しんでもらえます。
学生時代の友人と撮影した文化祭や体育祭などの写真を流したり、職場の仲間と撮った写真を盛り込めば、その瞬間ゲストも主役となり会場には温かい笑顔がいっぱいあふれます。
そのため生い立ちムービーを作成するときには新郎新婦だけでなく、ゲストにもスポットライトが当たるように心がけると参加してくれたゲストへの感謝の気持ちを表せます。
その際には、写っているゲストが喜ぶような写真を選ぶ心遣いが必要です。
結婚式の主人公は新郎新婦であることはもちろんですが、会場に足を運んでくれている人たちにも一緒に喜んでもらえるよう、ゲストにとって最高の一枚を選ぶように心がけます。

次の記事へ

カテゴリー