技あり☆生い立ちムービー製作業者

top > 生い立ちムービーの作成について > 生い立ちムービーとはどんなものなのか

生い立ちムービーとはどんなものなのか

 生い立ちムービーというのは、結婚式で新郎と新婦の生い立ちなどを紹介するムービーのことであり、最近の結婚式では定番になっている演出の一つだと言えるでしょう。
こうしたムービーを結婚式で上映する目的としては、新郎新婦の生い立ちや出会いなどを紹介することによって、ゲストにより深く二人のことを知ってもらうことがまず挙げられます。
そしてこれまでお世話になった方々への感謝を伝えたり、余興の一つとして結婚式を盛り上げるという目的もあると言えるでしょう。
またかつては、素人には制作が難しかったため、専門業者へムービーの制作を依頼する場合が多かったと言えます。
しかし最近では、自分達でも安く作れるようなソフトやサービスが提供されているため、生い立ちムービーを自作する方も増えてきていると言えるでしょう。

 生い立ちムービーは、専門業者へ依頼すれば手間もかかりませんし、品質も良いものにすることが出来ます。
しかし、あえて自作する場合もメリットが多くあるのです。
まず挙げられるメリットは、自作することで費用を安く抑えられるということであり、結婚式費用を出来るだけ節約したい場合に向いています。
次に挙げられるメリットは、自作なので自分たちのこだわりをそのまま反映させることが出来るということです。
専門業者へ依頼する場合だと、自分たちの意向が上手く伝わらない場合もありますが、自作ならその心配はないでしょう。
さらに挙げられるメリットは、ムービー作りを二人で行ったこと自体がいい思い出になるということです。
ムービー作りはそれなりに難しい部分もありますが、そのことがむしろいい思い出になる場合も多いと言えるでしょう。

 生い立ちムービーを自作する場合は、ムービーソフトが必要になりますが、最近は結婚式に特化したソフトもあるため、より便利な環境が整っていると言えるでしょう。
ムービーソフトの費用については、有料のものや無料のものがあるため、よりお金を節約したい場合は、まず無料のものを試してみるとよいと言えます。
生い立ちムービーの上映時間については、5分~8分程度が丁度よいとされており、一般的にはBGMの長さに合わせて作られるため、5分程度になる場合が多いと言えるでしょう。
ムービーの大まかな内容は、まずはイントロ部分から始め、続いて新郎と新婦それぞれの生い立ちを紹介し、さらに二人の馴れ初めなどを紹介したあと、最後にメッセージで締めるという流れになります。
またBGMに使う曲に関しては、著作権の問題が発生する場合もあるため注意が必要でしょう。

次の記事へ

カテゴリー