技あり☆生い立ちムービー製作業者

top > 生い立ちムービーの作成について > 生い立ちムービーを作成する理由を考えてみた

生い立ちムービーを作成する理由を考えてみた

 生い立ちムービーは人が生まれて成長する過程を映像にしたモノです。
結婚式後の余興で流すことが多いです。
昔は紙に生い立ち写真やコメントを貼りつけたモノを会場に持ち込んでいました。
現在、映像を流すことでよりリアルに新郎新婦の人柄に触れるようにできます。
DVDが開発され、その結果により映像を身近に楽しめるようになったからです。
作成した映像を大型のプロジェクターに上映する演出が人気を集めています。
以前は映像とDVDの作成が素人には難しかったです。
その結果、業者に依頼して映像業者に高額で委託していました。
しかし、最近では技術が進んで生い立ち紹介を自分達で手作りする新郎新婦も増えています。
話は変わって生い立ちムービーを披露宴で上映するとどんなメリットがあるのでしょう。

 メリットは3つ存在します。
その名のとおり二人が生まれてから大人になるまでの生い立ちと二人の出会いまでを招待客に紹介します。
招待客と新郎新婦との関係がさらに親密になります。
ムービーを鑑賞することにより、二人の過去を振り返ることができます。
これまで二人を見守ってきた人たちの感謝することにもつながっていきます。
普段では恥ずかしくて感謝の言葉を出しにくいです。
しかし、ムービーにすることで素直に相手に伝えることができるからです。
最後は披露宴を盛り上げる余興としては最高のモノだと言えるでしょう。
特に上映中、招待客の笑いや驚きの声、涙ぐんで鼻をすする音が聞こえてきたら大成功です。
ちなみに結婚式で新郎新婦がやりたいことのランキングの上位にあがっています。
これらのメリットを見ても作成しても損はないでしょう。

 最近では披露宴も予算をおさえる傾向が見られます。
ちなみに生い立ちムービーは別にその場を盛り上げる余興の一つではありません。
DVDを作成すれば、披露宴が終わっても何度でも見ることができます。
そこで、生い立ちムービーを作成する場合に大切なのは写真選びです。
選んだ写真のバランスによってムービーの良し悪しが決まります。
七五三や入学式、卒業式や成人式の写真を盛り込むのも一つの手段です。
最後にムービーの上映時間です。
一般的に5分から10分くらいが適切な長さです。
短かったり長すぎると感動が薄れていきます。
映像には雰囲気を盛り上げるBGMも必要です。
作成する際、BGMで使用した曲に合わせてムービーを切り上げることが多いです。
それにムービーが長すぎると鑑賞する相手が飽きてしまう可能性が高いです。

次の記事へ

カテゴリー