疑問解決!初めての二重切開

ホーム > 二重切開について > 二重切開をおこなう大きなメリット

二重切開をおこなう大きなメリット

 二重まぶたになりたいとき、埋没法か切開法のどちらかから選ぶことができるようになっています。
ただ現在では手軽という点からも、埋没方を選ぶ人が少なくありません。
しかしこの手術方法は確かに手軽ですが、時間が経つと糸が緩んでしまう可能性もあります。
またまぶたの状態は人によって違いますが、脂肪がたくさんまぶたに付いている人にはあまり適していないと言われることも少なくありません。
しかし切開法であればまぶたに脂肪がたくさん付いていたとしても手術をおこなって綺麗な二重にすることができるということから、現在では選ぶ人も増えています。
ただ、選ぶ人は増えていますが、やはり二重にする場合にはどのような手術なのか、それをしっかりと理解したうえで手術に臨むほうが良いでしょう。
そのほうが納得し、さらに安心した状態で手術を受けることができるようになるからです。

 二重切開には二つの方法があり、一つは部分切開と呼ばれるものです。
これはその名の通り、二重まぶたの一部を切開し、縫合する形となっています。
一般的にはあまりまぶたに脂肪がつきすぎていない人に適している手術と言われますが、だいたい手術後1週間程度で抜糸できます。
また腫れが完全に落ち着くと綺麗な二重のラインが出来上がりますが、だいたいその状態になるまでには1ヶ月ほどは見ておきましょう。
もう一つの二重切開の方法は、全切開と呼ばれるもので、部分切開のように一部を切開するのでは無く、まぶた全体を切開する方法です。
ただこの手術自体はまぶたに脂肪がたくさん付いていたとしても、それを除去できるメリットがあります。
またまぶた下垂手術も同時におこなえるので、目の状態をかなり改善することが期待できる手術方法です。

 このように、その人のまぶたの状態に合わせて手術方法を選べますが、二重切開の場合は切開するということから、その痛みに対して心配する人もいます。
ただ、多くの病院ではすでに痛み対策はしっかりとおこなわれており、まず手術の前に麻酔の目薬をさし、さらに目元に麻酔クリームを塗っておきます。
その後まぶたに局所麻酔をする形となっているので、手術中は痛みを感じることはありません。
また術後も痛み対策はしっかりとしてもらうことができるので、耐えられないのではないかと心配する必要はまずないといえます。
ただ痛みに対する感じ方はその人によって大きく違うので、もし不安だと思っている人がいたら、まずは手術の前にしっかりと病院側に痛みに弱いことを伝えておきましょう。
そうすればそのタイプの患者だという認識で対応してもらえるので、より安心して施術を受けることができるようになります。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP