疑問解決!初めての二重切開

ホーム > 二重切開について > 二重切開を行うことによって二重にすることができる

二重切開を行うことによって二重にすることができる

 一重であることがよくないわけではないです。
しかし、二重のほうが美しいとされているのが現代です。
これはほぼ生まれつきと言うことになりますから、どうしても自分のまぶたが気に入らないといっても仕方ないことになります。
しかし、それでも治す方法はあります。
それが二重切開になります。
これは切開法と呼ばれるものであり、二重にするために切る、切開する事になります。
こういいますと物凄い手術のように聞こえるかもしれませんが、そんなに身体に対して負担がかかるわけではないです。
ダウンタイムも長くて二週間程度になりますから、そこまで大きく負担があるような手術ではないといえるでしょう。
切ることになりますから、よほど瞼が厚い人でもない限りは一度の手術で綺麗に二重にすることができるようになります。

 いくつか注意しないといけないこともありますがそれでもやる価値は大きくあります。
とにかくコンプレックスが解消できるのであればそれにこしたことはないでしょう。
瞼を切ることによって、二重を作ることができるようになっているわけですが、これは医療行為になります。
医療行為ですので医者が行う事になります。
ですが、これは保険が適用されない事になります。
日本には国民健康保険というのがありますが、医療行為ではありますが二重切開には適用されることはありませんから、これは注意しておきましょう。
つまりは、結構な費用がかかることになります。
すべてにおいて自己負担となりますから、さすがに結構な金額になることが多いですから、しっかりと予算を確保しておきましょう。
保険ではなく、自分の資金に頼ることになります。

 二重にする方法としては埋没法を検討することがお勧めできることになるのは間違いないことであるといえるでしょう。
どのような違いがあるのか、といえば埋没法では厚い瞼の場合、あまり効果がないということが多いです。
所謂、プチ整形と呼ばれるものになり、そんなに強く矯正する事はできないというデメリットがあります。
逆に切開法になりますと大抵の人には効果がある事になりますから、まず間違いないわけです。
基本的にその日のうちに終わることになりますがダウンタイムか即日というわけではないです。
また経過を見るためにさすがに何度か通院することになりますから、それは覚悟しておきましょう。
しかし、これは医療行為である以上、仕方ないことになります。
むしろ、しっかりと診て貰って安心してそのまま生活できるようになるべきでしょう。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP