疑問解決!初めての二重切開

ホーム > 二重切開について > 理想の二重を半永久的に手に入れることのできる二重切開

理想の二重を半永久的に手に入れることのできる二重切開

 涼しげな一重まぶたは日本人らしい美しさがありますが、西洋風のパッチリした二重に憧れる人はとても多いです。
生まれた時から天然の二重に恵まれている人には、永久にわからないデリケートなお悩みですが、現代の美容整形であれば二重切開で、理想の二重を手に入れることができます。
決め手となるのはメスを使用する本格的な手術であること、切ったらまぶたの皮膚を縫い合わせることで、憧れの美しい二重瞼を手に入れることのできる方法です。
近年はやっている美容クリニックでの埋没法は、気軽出やすいことが人気の埋没法ですが、糸なのでとれてしまえば二重も消えます。
でも二重切開の手術をすると、半永久的にまるで最初からそうであったかのように、自然で美しいまぶたを手に入れることができます。
長く持続性がある方法ですが、何日も入院をするようなこともありません。

 顔の美容整形の中でもトップで施術を受ける人が多いのが二重であり、二重切開をするとバレやすいと言われるのには理由があります。
1つは幅を極端に広げ過ぎていること、つまりやり過ぎてしまえば不自然になるため、これでは周りにバレても仕方がありません。
二重の幅は適度にすること、自然な幅であれば仕上がりもナチュラルです。
切開をすることからまぶたが腫れますが、手術をしてすぐに人前に出るのはオススメとは言えません。
最も腫れが強く目元に出るのは、手術をした後の2日後から3日後であり、その時期に目立つ場所へ出かけたり顔を出せばバレル可能性は高くなります。
逆を言えば強烈にはレス確率の高い数日を、できるだけ人前に出ないで過ごすこと、1週間もすれば強い腫れは引きますので、手術日を長期休みに合わせるなど工夫をすることです。

 医療用糸とは異なりメスを使うのが二重切開ですから、一度やったら再度最初からのやり直しはできません。
失敗をしたら取り戻しができませんが、だからこそ理想の二重瞼になるように、デザインをカウンセリングで話すことが肝心です。
手術をする医者と直接話をすることができるカウンセリングは、美容クリニックの公式ホームページだけでは見えない部分の、もっと深い情報を知ることができます。
事前のカウンセリングに力を入れているクリニックはありますし、1店舗だけではなく複数のカウンセリングで相談をしてみることです。
二重切開をした後は内出血や腫れも必ずおきますし、完全に回復をするまでには最低でも1ヵ月は時間がかかります。
そうしたダウンタイムについても、正直に話してくれるクリニックと医者を選ぶことです。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP