疑問解決!初めての二重切開

ホーム > 二重切開について > 美しい二重がずっと続くのが二重切開の美容整形手術

美しい二重がずっと続くのが二重切開の美容整形手術

 美容整形手術として目元の悩みは多く、二重切開は昔から美容医療の世界で行われてきた手術方法です。
今では糸で止める簡単なプチ整形もはやっていますが、二重切開を選択する人の割合も低くはありません。
埋没法で目の腫れぼったさを解消することもできますが、効果が持続をするのはおよそ半年くらいです。
しかし二重切開の美容整形手術は、しっかりとメスできるので二重のラインが、半永久的に続きます。
これは糸による二重術にも言えることですが、いくら医療用の糸を使いプチ整形で二重にしても、糸を切れば元通りです。
また医療用の糸は気に入らなければ、医療機関でとることもできます。
せっかくキレイな理想的な二重になるなら、二重切開でしっかりと半永久的に続く二重にしたほうが得ですし、糸のようにとれる心配もありません。

 メスを使いますので二重切開の美容整形をすると、個人差もありますが目元には腫れが生じます。
どれくらいの間腫れぼったい状態が続くのかですが、狭い二重まぶたにするほどその期間は短いです。
最も腫れないのはまつ毛からの長さで考えると、5㎜ほどのラインと言われていておよそ7日くらいが目安です。
ただし1週間くらいで目元の腫れがキレイに消え去るのではなく、強く腫れるのがこの期間なので、完全に治まるまでには時間が必要になります。
二重まぶたを手術でつくる際に、幅広い二重にしたい場合だと腫れる期間はそれだけ長いです。
なかなかまぶたの腫れがおさまらずに、2ヵ月くらいかかることもあるので、腫れる期間についても手術前に、理解をしておくことは必要になります。
全切開ではなく切開線を短くする切開ならば、全切開の半分くらいの腫れる期間です。

 日本でこれまで行われてきた美容整形の中でも、昔からあるポピュラーな手術が二重切開です。
外国人とは骨格や目元の違いも大きい日本人ですが、およそ半数の日本人女性は一重まぶたであり、涼しげな印象ですがパッチリとした目元に憧れる女性は多いです。
メイクアップをするにしても一重まぶたよりも、二重瞼の方がメイクは映えます。
一重でも二重はアイプチを使うことでできますし、それにも慣れていますが、毎朝のことですから楽ではありません。
西洋から生まれた美容整形手術ですが、西洋人の特徴のひとつは二重であり、それもほぼ100%です。
日本に伝わってきた二重術を日本人女性向けに改良して、現代の美容医療機関での二重切開として採用をしています。
目元にメスを入れるのは怖いと最初は不安に感じても、慎重に行う美容整形手術であり術後ははっきりした目元が手に入る最高の方法です。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP